オランダ暮らし30年目、やっぱり翻訳つづけてます!
by orandanikki
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
お気に入りブログ
メモ帳
リンクフリーです。
記事・画像の無断転載はお断りします。

メールはお気軽に
sakiamsterdam@gmail.comまで。
ハリネズミの感想もうれしいです!

以前のオランダ日記はこちら。
ライフログ
最新の記事
小川洋子さんとのトークイベント
at 2017-04-26 21:07
2017年4月23日
at 2017-04-24 02:16
2017年4月19日
at 2017-04-19 18:39
本屋大賞 翻訳小説部門
at 2017-04-12 17:16
2017年4月6日
at 2017-04-06 23:30
外部リンク


我慢づよいオランダ人

きのうはユトレヒトへ。

f0275876_1947247.jpg



工事中につき間引き運転で南駅のホームは大混乱。


*アナウンスの声が小さくてよく聞きとれない。

*ナイメーヘン行きは今日はユトレヒト止まりで、

ホームはエスカレーターを下りて上がった別のホームに変更だそう。

     ↓

*人々が一斉に移動。

*電車に乗って発車を待っていたら

「車掌が到着していないので発車が遅れる。

いちばん早くユトレヒトに行くには1番線の電車」と放送があり、

またしてもエスカレーターをかけ下りて、かけ上がるはめに。

      ↓

*しかし、1番線にユトレヒト行きが到着する気配がない。
 (ボードにもちがうことが書かれている。)

*ホームに質問できる職員がいない。

*客どうしで話し合い、またしてもみんなで大移動。

*ナイメーヘン行きだがユトレヒトまでしか行かない、
 車掌がまだ来ていない電車にまたしても乗る。

*さらに5分ほど待つとようやく到着した車掌のアナウンスがあり、

その後しばらくしてやっと出発できましたとさ。


みんなほんとうにおとなしく移動していた。

「Idioot!」と声に出して言ってみたら、

回りの人たちから「Belachelijk!」「Verschrikkelijk!」と

共感の声が上がってうれしかった。


こういうときは客に文句を言われないよう

車掌の巡回はぜったいにない。

タダ乗りしちゃえばよかったなぁ。


電車のなかではもうなにごともなかったかのように

みんなおとなしくなっている。


パリに行ったとき、道でキレている人が多くて驚いたし

日本でもよく怒って文句言ってる人を見かけるけど

オランダ人は我慢づよいなぁ、と思う。


わたしもぜんぜんまったく平気。

友だちもニコニコ待っててくれるし

わたしもそうすると思う。


飛行機に乗り遅れそうなときでなければ

これくらい楽しめる。


でも、耳が遠かったり足腰の弱いお年寄りには

とても大変だと思う。

それにアナウンスはオランダ語のみだったので

外国人もメイワク。


作業服姿の黒人のおじさんに

「ユトレヒト行きは3番線に行かなきゃダメなんですよね?」と

確認したら、「ユトレヒトに行くの? そうだよ」と言ったあとに

「ぼくはNS(オランダ鉄道)の職員じゃないけどね」と言って

おたがい笑い合った。


そんなこんなで遅れてしまったけど

無事に会えた友だちの仮住まいへおじゃまして――


f0275876_2064538.jpg


アルバートハインで見つけたジェイミー・オリバーの赤ワイン、

とてもおいしかった。


f0275876_2081173.jpg



青菜を炒めたところにお湯と豆腐をいれて

だし味にしてカニの缶詰をちらしたのが

滋味深くてとてもおいしかった。

今度、作ってみよう。


きんぴらごぼうと鶏の甘辛煮もおいしかった。


ごちそうさまでした!


楽しい話をいっぱいして、

帰りは滞りなくアムステルダムに戻ってこれた。


日曜の決勝に出ることを見込んで

土曜に友だちと約束したので

3位決定戦はさいごの1分ギリギリで見れただけ。

ブリントのシュート、生で見たかったな。


ファンペルシーがなにかやらかしたようで

キャプテンらしからぬ低い行為、と新聞で叩かれていた。

せっかく見事なヘディングシュートで幕開けたのに、残念。

人柄はふとしたときに隠しきれず出てしまうものですね。


思わず、きのうの電車にファンペルシーが乗っていたら

どんな反応をしただろう?! と考えてしまうわたしでした。
[PR]
by orandanikki | 2014-07-13 20:23
<< 歯医者で定期健診 特別にうれしい日 >>