オランダ暮らし満30年、やっぱり翻訳つづけてます!
by orandanikki
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
お気に入りブログ
メモ帳
リンクフリーです。
記事・画像の無断転載はお断りします。

メールはお気軽に
sakiamsterdam@gmail.comまで。
ハリネズミの感想もうれしいです!

以前のオランダ日記はこちら。
ライフログ
おじいさんに聞いた話
ファビアンのふしぎなおまつり
最新の記事
2017年10月14日
at 2017-10-15 02:30
2017年10月9日
at 2017-10-10 03:09
愛おしい街
at 2017-10-07 18:55
2017年10月5日
at 2017-10-05 19:29
2017年10月3日
at 2017-10-04 03:51
外部リンク


12 Years a Slave

きのうのDe wereld draait doorでパウル・デ・レーウが

とてもいいことを言っていたので。


こちらからぜひどうぞ!


ズワルテ・ピット問題についてマルク・ルッテが

核保安サミットの外国人記者会見で聞かれて

「ズワルト(黒)のピットというオランダの伝統なのだから仕方がない」とまた

馬鹿なことを言っていたのと同じタイミングで、

パウル・デ・レーウは自分の誕生日に合わせて

下院議員全員に映画〈それでも夜は明ける〉の本のオランダ語訳を

プレゼントすることにしたそうだ。


養子の黒人の息子さんが学校で自分だけ

ズワルテ・ピットのメークをしてもらえなかったことに怒っていたそうで

今年もまたシンタクラースの直前に議論をはじめるのではなく

この本を読んで、夏休み中に親子で話し合ったり

いまから考えて、ズワルテ・ピットを廃止しよう、と言っていた。


「オランダ人は植民地の支配者でひどいことをおこなっていた。

もしかしたらズワルテ・ピットは人種差別とは関係ないかもしれない。

でも問題はそれによって傷つく人がいるということ。

子どもたちは肌の色に関わりなくシンタクラースを助けたいと思うのだから

ズワルテなしのピットでいいじゃないか」と。


いままでのパウル・デ・レーウの発言のなかで

いちばんすばらしいと思い、1人で拍手をしていた。


本を読んだ下院議員の中に賛同して

廃止に向けて動いてくれる人がいますように。

そして、人種差別は仕事で勉強中のテーマでもあるので、

ぜひこの本も読んでみなければと思っている。
[PR]
by orandanikki | 2014-03-25 18:48
<< 3月26日 オバマのアムステルダム訪問 >>