オランダ暮らし30年目、やっぱり翻訳つづけてます!
by orandanikki
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
お気に入りブログ
メモ帳
リンクフリーです。
記事・画像の無断転載はお断りします。

メールはお気軽に
sakiamsterdam@gmail.comまで。
ハリネズミの感想もうれしいです!

以前のオランダ日記はこちら。
ライフログ
最新の記事
三角形
at 2017-03-20 05:46
2017年3月19日
at 2017-03-19 20:48
2017年3月16日
at 2017-03-16 08:00
嬉しいプレゼント
at 2017-03-16 05:52
2017年3月15日
at 2017-03-16 04:53
外部リンク


2月18日

ソチ時間(5時)とオランダ時間(2時)を勘ちがいしていて……

ジムを早めに切り上げて男子1万メートルを途中から見た。

(ジムのテレビは音なし。)


ヨリット・ベルフスマがリラックスした見事な滑りを見せましたね。

クラマーやブストのようなプレッシャーがないせいもあるけれど

テルモルスもベルフスマも元々緊張しにくいタイプのよう。


テルモルスは1500メートル、滑り終わったあとに

緊張してるか聞かれて、「後でするかもしれない」と言っていた。


そんなふうに力を抜いて滑れるかどうかが肝心なのだそうだ。

体重のかかっていないほうの脚をどれだけリラックスさせられるか。


クラマーはバンクーバーでのコースまちがい失格の無念を晴らすことができなかった。

4年間、この日のために頑張ってきたのに。

4~5日前から背中の痛みがひどかったそうだけど、

調整もトップスポーツの一部、と解説者も本人も言っていた。


(今度こそ挽回せねばという)強迫観念になるかも、と

インタビューで言っていて、

〈故障〉と〈強迫観念〉という言葉を聞いて

「引退が近づいてきたのだろうか?」と言っている解説者がいたけれど

そんなに簡単にはあきらめられないだろう。


バンクーバーでコースをまちがったのは

ずっと運命を共にしてきたコーチのミスだった。

笑い話にできるくらいすっかり乗り越えたと言っていたけれど

それはきっと今回、金をとれると信じてやってきたから。


これからの4年はもっと長くて苦しいのだろうな……。



* * * * *


ジムの帰り道に突然、思いついて――

f0275876_4205468.jpg


今度は梨のケーキを焼いてみた。


はじめてのバナナブレッドは焼きたてはおいしかったものの

2日目がおいしくなかったのだが

その後、3日目も4日目もしっとりとおいしくてビックリ。


オランダのサイトでレシピを探したら

梨が4個は必要なよう。

うちには1個しかなかったので、バナナも入れてみた。

アーモンドパウダーがこの辺には売っていなくて

アーモンドペーストを使う。

前回よりも量を多くしてみた。


色々工夫するのが面白い。

なかなかおいしく、アルバートハインの梨のケーキに近い感じにできた。

f0275876_4281891.jpg




晩ごはんはまたまたソーセージ。

f0275876_4292015.jpg


ザワークラウトをたっぷりにして酸っぱめで食べるのがおいしかった。
[PR]
by orandanikki | 2014-02-19 05:15
<< おじいさんと 2月16日 >>