オランダ暮らし30年目、やっぱり翻訳つづけてます!
by orandanikki
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
お気に入りブログ
メモ帳
リンクフリーです。
記事・画像の無断転載はお断りします。

メールはお気軽に
sakiamsterdam@gmail.comまで。
ハリネズミの感想もうれしいです!

以前のオランダ日記はこちら。
ライフログ
最新の記事
2017年6月24日
at 2017-06-25 02:39
2017年6月22日
at 2017-06-22 16:35
FLANDERS LITER..
at 2017-06-18 19:03
2017年6月16日
at 2017-06-16 22:09
2017年6月1日
at 2017-06-01 15:49
外部リンク


ゴリ押し

夫の歯医者に付き添ったのだが、

ひさしぶりに大ボケのわたし。

〈9時半(half tien)のアポだから

10時に家を出ればいい〉と理解していたのだが、

実際のアポは10時15分だった!

どこを取ってもおかしい。

わたしが自分で歯医者に電話して、

予約を変更したというのに……。


とにかく、遅刻した。

(夫が遅れる旨、電話した。)

いつもは30分ほど待たされることもあるのに

今日にかぎって待ち時間ゼロで

マタイス先生はすでにアポに×印をつけていたが

ギリギリセーフで治療してもらえた。


色々あった疑問もすべてクリアに説明してもらえた。

いままで様子見だった歯が一度に治療必要になったため

今年は虫歯の当たり年になってしまった。

間にあって歯医者保険をかけたので

あきらめてぜんぶ治療してもらおう。


遅く来たのに45分きっちり治療してくれた上、

わたしが自分のプロブレムに簡単に答えてもらおうと思ったら

その場で処置してくれた。


「ここで治療してもらえるか、してもらえる場合、

治療費はいくらくらいか知りたい。

それによってわたしも歯医者保険をかけるかどうか、

1月末までに決めたいから」ということで、

ゴリ押しの質問だったのだが、

20ユーロくらいでできる処置なので、

年間300ユーロの歯医者保険の必要はなくなった。

ありがたや。


ちょっと粘ってお願いしてみるダメモトのゴリ押しは

長年の暮らしのなかで得意になった。

フレンドリーに、とりあえず頼んでみる。


オランダの嫌なところをたくさん挙げる人もいるけれど

わたしは融通も利くし(多少、遅れても大丈夫)、

はっきりお金の話ができるところも好きだ。


日本の歯医者のセカンドオピニオンを聞いた話をしたときには

ちょっと嫌そうだったかも。

でも説明がクリアだったので、

抜歯がいちばんいいとわかった、と伝える。


わたしのプロブレムは歯茎で

ポケットの歯石を取ってくれた。

一時は歯周病?! と恐くなったのだが

思っていたとおり心配なさそう。


日本で歯を診てもらっている友だちには

歯茎のブラッシングをかならずするよう言われているのだが

マタイス先生は歯を磨いて、

歯間ブラシではなく三角ようじを使うように、

ブラッシングは必要ない、と言っている。


ブラッシングはぜったいに必要だと思うのだが

オランダではやらないものなのだろうか?!

(ネットには定期的なブラッシングを勧めるサイトもあったけれど。)


とりあえず、これで症状がおさまることを祈りつつ

そこだけブラッシングは控えて様子を見よう。


マタイス先生はもうすぐシューマッハと同じ山に

スキーに行くそうなので、

よいバカンスを! と行ってお別れする。



その後、わたしは仕事をもって

アムステルフェーンのヘマへ。


f0275876_710313.jpg


わたしがよく来ていたころとはすっかり雰囲気が変わってしまった。


f0275876_711339.jpg


キャロットケーキなんて昔はなかったな。

しっかりニンジンが入っていて、なかなかおいしかった。


でも、メニューにある2,5ユーロのスタンポットや

5ユーロのナシゴレンが気になる。

今度、ぜひ食べてみよう。
[PR]
by orandanikki | 2014-01-30 07:25
<< バラのおみやげ 健康法 >>