オランダ暮らし30年目、やっぱり翻訳つづけてます!
by orandanikki
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
お気に入りブログ
メモ帳
リンクフリーです。
記事・画像の無断転載はお断りします。

メールはお気軽に
sakiamsterdam@gmail.comまで。
ハリネズミの感想もうれしいです!

以前のオランダ日記はこちら。
ライフログ
最新の記事
三角形
at 2017-03-20 05:46
2017年3月19日
at 2017-03-19 20:48
2017年3月16日
at 2017-03-16 08:00
嬉しいプレゼント
at 2017-03-16 05:52
2017年3月15日
at 2017-03-16 04:53
外部リンク


息子の励まし

最近、ずっと自分に自信がなくて

すぐ落ち込んでしまう。


若いときはなぜあんなに

自分の人生は自分だけのものだから

他人とちがってたって

ぜんぜん平気! と思えたんだろう?!


きのうの夜、アルバイトから帰った息子と

Preciousという映画を途中から観たあと

とつぜん、そんな話をしていた。


昔のわたしは自閉症(気味)だったから

他人が気にならなかったんだろう、という息子。

笑ってしまうけど、当たっているかも。


いまの自分について面白おかしく、

でも真剣に語ってしまった。


ちゃかすことなく聞いてくれた息子は

「いまのままやってたら

大丈夫でしょう」と言ってくれた。


もうちょっと若いときには

(高校から大学に行ったころだったか)

「自分のことだけ考えて分厚い本を訳したりしないで

ふつうに勤めていたほうが

家族のためになった」などと批判されて

わたしの人生を全否定されたような気がしたものだったが。


もちろん、全否定されたわけではなく

ちゃんと認めてもくれていたのだけれど、

自分でもそうかもなぁ、と思ったし。


息子が大人になったなぁ、と感じる会話だった。

カッコのいい姿を見せられなくて不甲斐ないとは思わない。

正直に話すことができずに

子どもにやつあたりするほうがカッコ悪いと思うから。


前にも書いたけれど、

〈子ども〉とか〈大人〉とか

〈若者〉とか〈年より〉とか関係なく

人間どうし、支え合えるのがいいのだと思う。


おやすみ、とドアを閉めたあとにまた出てきて

「knuffelenしてなかったねぇ」と

腕を広げて近づいてきて母を抱きしめてくれたのもはじめて。


批判精神が前面に出ていたときから

やさしい大人に成長したのだな、と

うれしい母でした。


最近ずっと、

夜中にトイレに行ったあと眠るまでに

1時間半くらいかかっていたのだが、

息子に聞いた方法を試してみたら

ぐっすり眠れた。

……っていうか、きっとよい話し合いができて

心が落ち着いたからだ。

心理カウンセリングよりも強力な

息子の励ましでした。


* * * * * * * *

今夜はスタンポット。

f0275876_3513967.jpg


寒くなったので、ぴったりでした。

ウノックス社とアルバートハインの2種類の燻製ソーセージと

アンディーブとザワークラウトを混ぜたスタンポット、

おいしかった!


昼間は仕上げてしまわないといけないものがあったのでスタバへ。

ベートーベンは満員で座れないと見込んで、WTCのスタバ。

f0275876_3541221.jpg


ちょうどいい混み具合で、お茶もクッキーもおいしくて落ち着いた。


帰り道、さわやかな楽しい気持ちになれた。

ぐるっと周って、また自分に戻ってこれた気がする。
[PR]
by orandanikki | 2014-01-27 04:03
<< 健康法 リー・ナのスピーチ >>