オランダ暮らし30年目、やっぱり翻訳つづけてます!
by orandanikki
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
お気に入りブログ
メモ帳
リンクフリーです。
記事・画像の無断転載はお断りします。

メールはお気軽に
sakiamsterdam@gmail.comまで。
ハリネズミの感想もうれしいです!

以前のオランダ日記はこちら。
ライフログ
最新の記事
2017年3月28日
at 2017-03-28 20:30
2017年3月24日
at 2017-03-25 03:17
三角形
at 2017-03-20 05:46
2017年3月19日
at 2017-03-19 20:48
2017年3月16日
at 2017-03-16 08:00
外部リンク


しずかなクリスマス

f0275876_205525.jpg


アンドレの大きくてステキなクリスマスツリー。

1人暮らしでもちゃんと大きなツリーを買ってきて

飾りつけをするところがすごい。


お家のリフォームをしたばかりで

キッチンを買った会社から食事券をもらったそうで

ステキなレストランに連れていってくれた。


Mangerie 'De Jonge Koekop'

f0275876_20111215.jpg


天然と養殖の鮭のスモークサーモン。

他にちょこちょこ載っているものはどれもビミョウなお味。

ダイコンの薄切りとか、

キャビアに見えるのに味も感触もキャビアでないものもあって

首をかしげながら食べる。


f0275876_20161841.jpg


メインは子牛の腰肉。

腰肉だったことをいま知った。

(lendeってなんだろうね? と言いながら食べた。)

これはやわらかくてとてもおいしかった。

付け合わせもおいしかったのだが

ソースが日本のいわゆるソースのような味だった。


子牛の上に生のえのき茸が載っていたのにはビックリ。

でも満足の一品でした。


f0275876_20211241.jpg


デザートもおいしかったが

お酒のキツいものは食べられずに残念。

でも胃の調子の悪いときには

がっつりアジアンよりも

ゆっくりとコース料理を食べるのもいいなと思った。


生クリームもあちこちで使われていて

これだけのものがちゃんとおさまるか心配だったけど

さいごまでおいしく食べられ、

あとで気持ち悪くなることもなかった。


f0275876_2024597.jpg


1階は混んでいたけれど

3席しかない、階段の踊り場みたいな席だったので

落ち着いて話ができたのもよかった。



22年前にわたしの住んでいた部屋の

屋根裏に引っ越してきて以来のつきあいで

昔のようにいっしょに映画に行ったりは

なかなかできないけれど

ずっとしずかにつづいていく友情がうれしい。

彼女とはこのちょうどよい距離感で

ずっと友だちでいられる。


f0275876_20295550.jpg


昔、2人が住んでいたのは

この運河の先。


f0275876_203179.jpg


「駅の写真もかならず撮るの。ノスタルジー…」と

ちょっと待ってもらって。


何度も、楽しかった、ほんとにありがとう、と言ってお別れ。

前にわたしがごちそうした中華街の中華も

彼女はとても楽しかったそうなので

今度はそこに行こう、と約束した。


仕事のことやおたがいの親のことから

ズワルテ・ピット問題やゴードンの発言まで

色んな話をした。


興味深かったのは

白人オランダ人のアンドレも

濃い髪の色でモロッコ人にまちがえられ

やじを飛ばされたことがある、ということ。


いままで聞いたことがなかったのでビックリしたけど

「じゃあ、人種差別される側の気持ちが

ちょっとはわかるんだね?」と笑い合った。


さて、帰りの電車に乗ると――

女王の日かと思うほどのものすごい混み具合。

大声で騒ぐ若者たちの間で居心地悪い。

せっかく楽しい夜をこんな子たちの差別発言で

台無しにされないことを祈って座っていた。


でも、さわがしいわりにみんないい子たちで

「みんなはどこで降りるの?」「なにがあるの?」という

おばさんの質問にふつうに答えてくれて

なんだか会話に加わっていた。


「とても降りられそうにないから

いっしょにRAIまで乗っていく」ことにしたのだが

ぎゅうぎゅう詰めの電車をアジア人のおばさんが

降りようとしたらどんなことになっていたのか、

「39番、ライス付き!」とか言われていたのか

試してみればよかったかも(笑)


そういえば、行きの電車では

「サキさん!」という声が聞こえたような気がして

車内を眺め渡したら

友だちの娘さんと息子くん、別の友だちの娘さんが乗っていて……


またこんな意外なところでバッタリ会うのにおたがいビックリしつつ

「恥ずかしいな…」
「なんで?」
「…わたしだけ50歳(あたりまえ!)」
「30歳くらいに見えるよ」
「いやいやいや(とんでもない!)」

というおかしなやりとりをしつつ、

いっしょにライデンまで話に加えてもらったのだった。


楽しくておいしくて

だいぶ調子がよくなってきた、

クリスマス前の週末です。
[PR]
by orandanikki | 2013-12-22 20:57
<< テレビ三昧 逆流性食道炎 >>