オランダ暮らし30年目、やっぱり翻訳つづけてます!
by orandanikki
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
お気に入りブログ
メモ帳
リンクフリーです。
記事・画像の無断転載はお断りします。

メールはお気軽に
sakiamsterdam@gmail.comまで。
ハリネズミの感想もうれしいです!

以前のオランダ日記はこちら。
ライフログ
最新の記事
三角形
at 2017-03-20 05:46
2017年3月19日
at 2017-03-19 20:48
2017年3月16日
at 2017-03-16 08:00
嬉しいプレゼント
at 2017-03-16 05:52
2017年3月15日
at 2017-03-16 04:53
外部リンク


特別な手

デヴィとお茶(きのうのこと)。

f0275876_341024.jpg


72歳と50歳。

インド人と日本人がオランダ語で。

わかりあえたり、わかりあえなかったり。


知り合ってから19年、

色んな話をしてきたけれど、

きのう、

「あなたはわたしのためにいてくれるよね?」と聞いたとき

「もちろんよ」と言って

ふわっと添えてくれた手がすごかった。

わたしの感情がピュアになって

溢れ出してくるような。


けっしてそんなスキンシップが好きなわけじゃないのに

ありがたくて何度もにぎにぎしてしまった。

そのたびに魂が揺さぶられて、

泣きかけていた。


コンセルトヘボウと昔の家がつながっているような

すごいものがそこにあった。


あまりにありがたかったので

別れてから追いかけて

日記に載せてもいい? と聞いて

写真を撮らせてもらった。


f0275876_349549.jpg


インド人の友だちはデヴィとミタだけだから

わからないけれど、

やっぱりインド的なパワーのような気がする。


ありがとう。

これからもずっとよろしく。
[PR]
by orandanikki | 2013-11-28 04:15
<< ひゃあ~っ Anouk >>