オランダ暮らし30年目、やっぱり翻訳つづけてます!
by orandanikki
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
お気に入りブログ
メモ帳
リンクフリーです。
記事・画像の無断転載はお断りします。

メールはお気軽に
sakiamsterdam@gmail.comまで。
ハリネズミの感想もうれしいです!

以前のオランダ日記はこちら。
ライフログ
最新の記事
2017年5月25日
at 2017-05-26 02:52
2017年5月23日
at 2017-05-24 03:29
2017年5月21日
at 2017-05-22 03:22
2017年5月20日
at 2017-05-21 02:43
2017年5月18日
at 2017-05-19 04:36
外部リンク


ふつうがいちばん

リンブルフ州では23℃になったそうで

アムステルダムでもTシャツで過ごせた。


わたしはさいごのジムへ。

汗をいっぱいかいて、時間をかけてすべてこなす。

とってもいい気持ち。


明日で世界が終るとしたら、

わたしはジムに行くだろう。

そして家でふつうのごはんを食べて、

いつも見ているテレビを見て……


わたしはほんとうに〈ふつう〉が好き。

(〈非日常〉もまた好きだけど。)



ジムに行く前、

気持ちのいい秋の1日の写真が撮りたくて

道に立ち止まっていた。


数時間後、家に戻ったら息子が

「ちょっと携帯、見せて」

「なんで?」

「いいから、もってきて」


そして元は自分のものだったBlack Berryをいじりながら、

「この写真、撮ったでしょう?」

「うん」


わたしがさっき撮った写真を拡大している。

なにをやっているのかと思ったら、

「あれぇ?! 似てるねぇ…」


なんと、自転車に乗った息子が写っていた!


f0275876_2561361.jpg



おどろいて、騒いでいるわたしをよそに

ただ帰ってきただけだよ、と言うけれど

きれいだな、と思った風景に

自分の子が入っていたなんて……

奇跡のタイミングではないか。


その息子、明日、わたしが出発なことを知らずに

ビックリしていた。

明日は息子も休みなので

送りにきてくれるかも。


「あ、さきちゃんがいなかったら

いつでも☆☆☆が泊りにこれるね!」

と彼女が泊りにくるのを楽しみにしていた。

「☆☆☆に納豆、買っといたよ」

納豆好きな彼女も食べられるように

豚肉などとともに凍らしておいた。


わたしがアントワープに行っているとき

何度もパパとプルコギパーティーをしたそうで

「毎日、プルコギだね」と楽しみにしていた。


昔は「さきちゃんがいない…」と言ってわ~んと泣いていたけど

いまはわたしなんていなくても

楽しみなことがいっぱいで、よかったね。


晩ごはんは定番ポトフ。

f0275876_3124849.jpg


「明日、日本に行くのに

こんなふつうのもの…」という息子。

「なんで? どんなもの食べればいいの?」

「お好み焼きとか」


それはキミが旅行に行くとき

わたしが作ってあげてるキミの好物だよ。


前回、日本に行く前日は

なにかでえらいケンカをして

夜中の3時まで話し合いで

とてもヘビーだった。


あのころからだいぶ大人になって

わたしに対してマイルドになってくれて

穏やかにさいごの夜を過ごせそう。


それにしてもズワルテ・ピット、

国連まで「人種差別だから

シンタクラースの祭り自体、廃止すべき!」と言い出して、

大きな社会問題になっている。

日本に行っているあいだにどうなるだろう?!


さて、これでは息子が明日出発と思わなかったのも

納得、という溢れかえった荷物を

なんとかスーツケースに納めなくては。


東京にしばらくいて、神戸に少しの

短い旅です。

なにかあればsakiamsterdam@gmail.comまで

電話番号と携帯のアドレスをお知らせくださいね。


いってきます!
[PR]
by orandanikki | 2013-10-23 03:28
<< 楽しかった日本 導かれて >>