オランダ暮らし満30年、やっぱり翻訳つづけてます!
by orandanikki
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
お気に入りブログ
メモ帳
リンクフリーです。
記事・画像の無断転載はお断りします。

メールはお気軽に
sakiamsterdam@gmail.comまで。
ハリネズミの感想もうれしいです!

以前のオランダ日記はこちら。
ライフログ
おじいさんに聞いた話
ファビアンのふしぎなおまつり
最新の記事
リスくん
at 2017-12-13 05:03
韓国ラーメン鍋
at 2017-12-11 05:03
嬉しかったこと
at 2017-12-11 04:22
2017年12月9日
at 2017-12-10 04:26
2017年12月7日
at 2017-12-08 03:45
外部リンク


この週末

きのうは友だちが息子さんと来てくれてみんなで食事。

f0275876_227359.jpg


がっつり、パパのトンカツにしました。

あとはわたし作。

トンカツはschouderkarbonadeを骨からはずしたところで

ふわっとジューシー。

みんなでいっぱい食べた。


息子ははじめて13歳の男の子の相手をしてくれた。

そしてお客さんが帰ったあと、

最初はわたしが急にまたいつもどおりエラそうになったと

怒っていたのだが、そのあと部屋に来て

長々と話をしてくれた。


お父さんといっしょに住んでいないということ。

小中高でもまわりにたくさんいた。

大学のいちばん仲良しの友だち2人は

自分には想像もつかないようなトラウマをもっている。


「もうわかったよ。こんなふうにおかあさんと

ずっとディスカッションできるのは

ぜんぜんふつうじゃないって」


ここ数年の彼は父親のことを認めてやさしくなったのに対し

わたしにはとてもシビアになり

責められてばかりだったのだ。

そんな彼のせいいっぱいの褒め言葉。


「えぇっ、ほんとうに?!」とわたしが驚いていると、

「だからもう毎日、『よく(子育て)やったでしょう?!』って言わないでよ」

と言われてしまった。


何分にも自分に自信がないもので、

ついつい確認したくなってしまうのだが

当分はもう大丈夫。

自信をもとうと思う。



友だちにはとてもステキなプレゼントをもらった。

これからがんばるとき、彼女の存在を身近に感じていられそう。

ありがとう!



そして今日はオランダにはじめて来た日本人で

アムステルダムで命を落とされた方の記念式典でしたね。


日本語が読めなくて史実に興味をもっている人から

「ここはなんと書いてあるんだ?」と聞かれるのが苦痛で、

時間もなく、結局、プロジェクトは離れてしまったけれど

招待状を送ってもらって行くべきか、考えた。

その場にいないのは馬鹿なことかもしれないけれど

それも含めて自分にとってのオランダでの在り方なのだと思った。


たとえヘンな人、と言われても。

たとえ機会を逃しているにしても。

わたしにはわたしのオランダがある。


f0275876_251161.jpg


わたしは今日、スキーに行っていた。

昔は転ぶことなどなかったのに

あまりにもひさしぶりすぎて

ずって~ん、ごろ~ん、と転んでばかりでビックリ。

混んでいて、このままつづけると他人のメイワクになりそうだったし

いまはぜったいに骨を折るわけにはいかないので

早めにやめたけれど、

それでも滑ってみて、なにかが吹っ切れたような気分になった。

転んでも、ケガをしなかっただけでも上等。

楽しい時間を過ごせてよかった。


わたしなりの、特別な週末だったと思う。

明日からは10月に焦点を合わせて

もっともっとがんばっていこう。
[PR]
by orandanikki | 2013-09-23 03:07
<< 人生について おばさんとスタバと(訂正あり) >>