オランダ暮らし満30年、やっぱり翻訳つづけてます!
by orandanikki
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
お気に入りブログ
メモ帳
リンクフリーです。
記事・画像の無断転載はお断りします。

メールはお気軽に
sakiamsterdam@gmail.comまで。
ハリネズミの感想もうれしいです!

以前のオランダ日記はこちら。
ライフログ
おじいさんに聞いた話
ファビアンのふしぎなおまつり
最新の記事
2017年10月14日
at 2017-10-15 02:30
2017年10月9日
at 2017-10-10 03:09
愛おしい街
at 2017-10-07 18:55
2017年10月5日
at 2017-10-05 19:29
2017年10月3日
at 2017-10-04 03:51
外部リンク


Prinsjesdag、聞きかじり

Prinsjesdag(国会開会日)でしたね。

ウィレム=アレクサンダー王がはじめて

troonrede(開会の辞)を述べる日で

さぞや緊張しているだろう、と言われていたけれど

噛まずに読めていた。

(出だしで区切るところが1ヵ所、おかしかったくらい。)

国王になった日にはかなり噛んでしまっていたので

練習したのだろう。


最初に母親(ベアトリクス王女)に感謝していたのは

わたしは個人的に告げればいいのでは、と思ってしまうのだが

政治家にも国民にも心がこもっているとウケがよかった。


あとはぜんぶ政府が作った原稿を読むだけだけど

うまくいってホッとしているだろう。


人前で話をするのは慣れている人にとっても時に大変。

最近ではNOSの特派員が極度の疲れからか

中継中に言葉が出ず、下を向いて黙ってしまう、ということがあり

話題になっていた。


極度に緊張しやすいわたしは

そういうのを見ると他人事とは思えない。


去年、東京で話をさせてもらったときには

噛まない文章がないくらい噛んでいた。

「噛んで噛んで噛んで、たまに噛まない、みたいだった」と

友だちに笑い話をしたくらい。

でも、同じ内容で次に話したときには

話しながら自分で(あれ、噛んでない!)と驚いていた。


小さな進歩がうれしくて、

ニガテだからこそまた挑戦したい、と思ってしまう。



肝心のmiljoenennota(国家予算案)の内容は

とにかく財政削減。


decentralisatie(地方分権)がますます進み、

verzorgingsstaat(福祉国家)から

participatiesamenleving(参加型社会)に変わっていく、とのこと。


(これまでのようには福祉の恩恵を受けることはできない、ということを

きれいな言葉で言い換えただけ、と言われていた。)


児童手当や年金が減り、

ガソリン税や酒税といった消費税が上がるそう。


それなのに高い軍用機は購入する。

アメリカからJoint Strike Fighters(軍用機)

37機を45億ユーロも出して購入して、

その一方で1万2千人以上もの軍人が職を失うことになる。


国民の不満がつのり

アンケートを取ると総選挙を望む声も多く聞かれる。

第2次ルッテ内閣発足から1年。

これからどうなっていくのか、じっくり見せてもらおう。




我が家は、というと、

わたしがちゃんと稼げていないので

大変なのはいまにかぎったことではないのだが。


失業率が8,7%の現在、中高年の再就職が困難ななか、

夫が勤めてくれていることが心からありがたい。


50歳、これからもっとしっかりしなくては。


* * * * *


庶民の食卓。

f0275876_4211298.jpg


きのうはベジタリアンのシュニッツェル。

じゃがいもが足りなかったのでマカロニをプラス。


f0275876_4222793.jpg


今日は1晩、ヒマラヤ岩塩に漬けた塩豚。

焼いて食べるのにちょうどよい塩加減にした。

味噌汁と酢の物と炒め野菜。


めずらしく、2日ともすべてわたし作。

「ぜんぶわたしが作った!」と食後に自慢していた(どんな主婦だ?!)


昔よりも野菜を心もち少なめにして

コストパフォーマンスを考えるようになった。


つい近くのアルバートハインで買い物を済ませてしまうが

安売りはしっかり意識している。


他にぜいたくしなくてもいいから

食事はやっぱりバランスよくきちんと取りたいと思う。
[PR]
by orandanikki | 2013-09-18 05:20
<< ブルー・ジャスミン 1世と2世 >>