オランダ暮らし30年目、やっぱり翻訳つづけてます!
by orandanikki
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
お気に入りブログ
メモ帳
リンクフリーです。
記事・画像の無断転載はお断りします。

メールはお気軽に
sakiamsterdam@gmail.comまで。
ハリネズミの感想もうれしいです!

以前のオランダ日記はこちら。
ライフログ
おじいさんに聞いた話
ファビアンのふしぎなおまつり
最新の記事
2017年9月20日
at 2017-09-21 03:38
2017年9月19日
at 2017-09-20 03:16
2017年9月17日
at 2017-09-17 21:25
2017年9月3日
at 2017-09-04 03:12
2017年8月31日
at 2017-08-31 17:33
外部リンク


1世と2世

きのう、翻訳していて、

あまりにむずかしくて投げ出したところを

大学に行く前にゲームをしていた息子に聞いてみた。

(最初に聞こうとしたときは勉強中だったので聞けず。)


読んでみて、と言われて

「ここがわかんないんだよね~」と読んで聞かせると

テキストを見ることもなく

別の表現に言い換えてくれ

一瞬にしてスカッとクリアになった。


ありがとう、ありがとう、ありがとう、とお礼を繰り返す母。

夫にも息子にも、お礼を言ってばかりの人生だな。


26年住んでいても1世はどこまで行っても1世のまま。

そして、翻訳はやはり

自分で考えて答えを出してはいけないものだな、とあらためて思う。


ぜんぜんちがう、創作的翻訳をしてしまう訓練が

日本の学校での英語教育では一般的だった。

英語が大好きだったので

リーダーのテキスト翻訳はサボったことがなかったけれど

わからないと、う~んと考えて

自分の訳を創作していた。

先生のレベルだってそんなに高くはないだろうから
(外国に10年、20年、住んで、ずっとその国の言葉と向き合っていてもわからないことだらけなのだから)

先生自体、どこまで理解しているかも定かではないし。


わからないときに自分で長く考えず

ネイティブの人に聞く、というのが基本。


「わからないときはとりあえず日本語にしてしまって、

それから辻褄が合うように考える」という方法を

複数の人から聞いたことがあるけれど

それはぜったいにまずい。


さて、息子が大学に行ったので

母はつづきをがんばろう。
[PR]
by orandanikki | 2013-09-17 18:11
<< Prinsjesdag、聞きかじり なつかしのアメリカ >>