オランダ暮らし30年目、やっぱり翻訳つづけてます!
by orandanikki
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
お気に入りブログ
メモ帳
リンクフリーです。
記事・画像の無断転載はお断りします。

メールはお気軽に
sakiamsterdam@gmail.comまで。
ハリネズミの感想もうれしいです!

以前のオランダ日記はこちら。
ライフログ
おじいさんに聞いた話
ファビアンのふしぎなおまつり
最新の記事
2017年9月24日
at 2017-09-25 02:37
2017年9月23日
at 2017-09-24 03:41
2017年9月22日
at 2017-09-23 03:58
2017年9月20日
at 2017-09-21 03:38
2017年9月19日
at 2017-09-20 03:16
外部リンク


秋の時間

ニガテな衣替えを早々と済ませた。

f0275876_285335.jpg


50年間でたった1度だけ、

15歳くらいで編んだマフラー。

巻いていた記憶がほとんどないけど

ずっと捨てられなくていまだに衣替えのたびに手に取り

ときには洗ったりして

だいじにしている。


編み物とか裁縫とか、やってみたいとは思うのだが

時間があればやっぱり本を読んでいる。


夕方、アルバートハインに買い物に行って

5時過ぎのJinek(先週からはじまったEva Jinekの新しいトーク番組)

に合わせてミニトマトとツナ缶、アンチョビー、バジルのパスタ。

f0275876_2221620.jpg


前回よりミニトマトを多くして酸味がちょうどよくなった。


きのうの晩ごはんは鶏と野菜の照り焼き。

f0275876_2241696.jpg


写真ではわからないけれど

鶏もも肉を骨からはずし、ふんわりジューシーなおいしい照り焼きに。

スープは骨でだしをとったギョウザのスープ。


この鶏は息子が子どものころ

〈パパの世界一おいしい鶏〉と呼ばれていた

なつかしい料理。


今日のお昼には彼女が来て

息子といっしょに食べていた。


わたしはもう20年間もこんなおいしいものを

食べさせてもらっているんだなぁ、と

衣替えをしながらしみじみと思った。


昨夜、夫の心のこもった料理をよそい分けながら、

「悲しいね」と泣きたくなってしまったわたし。


だってこんなおいしいもの、

いつかはもう作ってもらえなくなるのだから。


「ないほうがよかった?」と息子に聞かれ

「こんなごちそう作ってくれる人がいなかったら、

後でなくならないからラクかもしれない…」と言うと、夫は

「でも、覚えているらしいよ」とあっけらかんと言っていた。


なんだか、みんなそれぞれに次元のちがう話をしていたような。

夫が言っていたのは来世のことだし。

(来世でもいまのことを思い出せたりするらしい。)


なんでわたしはこんなふうに、

その時、起こっていることの真中にいなくて、

視線が未来から現在を振り返ったものになってしまうんだろう?!


いずれにしてもわたしの人生は

こうしておいしいごはんを作ってくれる人と共にある。

そのことをだいじにしよう。


* * * * *


カメラのレンズの向こうに見つけたもの――

f0275876_2523432.jpg


赤ちゃんのとき、母がアメリカでお世話になった人が送ってくれた

One Little Indianのオルゴール。

テレビのような形が好きで、

小学生のころもよく布団のなかで回していた。


ネジがおかしくなってゆっくりしか動かないけど、

このオルゴールを手にしたら

タイムスリップして過去に舞い戻れそうな感じ。


衣替えとおいしいごはんをとおして、

過去も未来も垣間見たような

秋らしく、ちょっとセンチメンタルな週末でした。
[PR]
by orandanikki | 2013-09-16 03:14
<< なつかしのアメリカ リハビリセンター >>