オランダ暮らし30年目、やっぱり翻訳つづけてます!
by orandanikki
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
お気に入りブログ
メモ帳
リンクフリーです。
記事・画像の無断転載はお断りします。

メールはお気軽に
sakiamsterdam@gmail.comまで。
ハリネズミの感想もうれしいです!

以前のオランダ日記はこちら。
ライフログ
最新の記事
三角形
at 2017-03-20 05:46
2017年3月19日
at 2017-03-19 20:48
2017年3月16日
at 2017-03-16 08:00
嬉しいプレゼント
at 2017-03-16 05:52
2017年3月15日
at 2017-03-16 04:53
外部リンク


のんびり

タイトルどおり、のんびりした1日だったので

簡単に晩ごはんのみ。

きのうは――

f0275876_3141468.jpg


サバの燻製をほぐして日本酒、めんつゆ等で味つけたもの。

パパの卵焼き。
(母は1度も卵焼きを作ったことがないので、息子にとっては〈親父の味〉)

きゅうりにはバジルとEkoPlazaの梅干しを和えて。


柳川のおいしい海苔で明日、おにぎりを作ろうかと思っていたら

アルバイトから帰ってきた息子がすぐに彼女宅に泊まりにいくそうなので

めずらしくおにぎりを作ってあげることに。

インゲンと卵焼きもラップにくるんで、

同じくアルバイト後の彼女とのお夜食に。


大学がはじまるとまた1年間、忙しくなるので

2人はなるべくいっしょの時間を過ごしている。

この間のバーベキューは彼女の両親の別宅だったのだが、

本宅で2人が将来の練習に共に生活しているのを

あちらも温かく見守ってくれている。


きちんと真面目な2人だからこその関係。


今日も息子はいなくて、

さすがに、2晩つづけていないと

母はちょっぴり寂しい。


昨夜はおにぎりを作る後ろで

アルバイト後の高揚した気分で

関西弁のイントネーションを真似て喋ろうとして笑っていた。

「なんか、日本語、話すのが面白くなってきた」そうで

大学の副学科で取ろうかとまで、ちょっと考えるくらい。


「さきちゃんがオランダ語を勉強しはじめたのも

ちょうど19歳だった」と言ったら、

さきちゃんといっしょにしないで、と言っていたけど

やっぱり遺伝子的に興味の対象が似ている気がする。


話が飛んだけど、今日の晩ごはんは――

f0275876_3333981.jpg


残り物で洋風味噌おじや。

サバとバジルをトッピングして

オリーブを添えて。


わたしがオランダ語を習いはじめたのは

ほんとうはたぶん、はたちのとき。


母がたまたま見つけた〈オランダ語講座〉という

5センチもないような小さな新聞広告を切り取ってくれてなかったら……


いま、わたしはこうしてここにいなかったし、

息子もいなかったんだ!
[PR]
by orandanikki | 2013-08-27 03:44
<< 今日の色々 27年目 >>