オランダ暮らし満30年、やっぱり翻訳つづけてます!
by orandanikki
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
お気に入りブログ
メモ帳
リンクフリーです。
記事・画像の無断転載はお断りします。

メールはお気軽に
sakiamsterdam@gmail.comまで。
ハリネズミの感想もうれしいです!

以前のオランダ日記はこちら。
ライフログ
おじいさんに聞いた話
ファビアンのふしぎなおまつり
最新の記事
2017年12月17日
at 2017-12-18 04:41
クリスマスのコマーシャル
at 2017-12-16 01:25
リスくん
at 2017-12-13 05:03
韓国ラーメン鍋
at 2017-12-11 05:03
嬉しかったこと
at 2017-12-11 04:22
外部リンク


ハリー・ポッターでいちばん好きな言葉

昔、オランダ語で読んでいたハリー・ポッター。

ダンブルドア校長がハリーに言った、

とても印象に残っている言葉が

原語ではなんだったのか、知りたくて、

朝食の読書タイムに読んでいた

Harry Potter and the Prisoner of Azkaban。

ようやく読み終わった。


'You think the dead we have loved ever truly leave us?

You think that we don't recall them more clearly than ever

in times of great trouble?

Your father is alive in you, Harry, and shows himself most plainly

when you have need of him. (...)'


死は無になることではなく、

誰かのなかで生きつづけること――


西洋・東洋を超えた考え方。


20年前には祖先と繋がっている日本的な考えを述べると、

かわいらしいね、と馬鹿にされることもあった。

かわいらしいね、と言ったイギリス人のご主人のことを

日本人の奥さんは(なんにもわかってないな、かわいそう)と思うと言っていた。


いまは西洋人は東洋的に、東洋人は西洋的に

なってきたような感じ。

(テレビを見ていると、亡くなった人と繋がりを感じている、という人が

いっぱいいる。)


わたしはオランダで、ケンカ越しになったりすることなく

自分の意思どおりに物事を進めていく方法、生き方を

しっかりと身につけたけれど、

いつも書いているとおり

おばあちゃんに護られている、という感覚が

いっそうパワーを与えてくれる。

なので、ダンブルドア校長の言葉にとても共感したのだ。


英語版のハリーポッターは夏休みに日本で買って

息子が夢中で読んでいたもの。

自分は12歳から読んでいたものを

わたしがいまごろゆっくりゆっくり読んでいるので

息子には呆れられたけど

英語で読むのがとても楽しかった。

第4巻も読んでみよう。
[PR]
by orandanikki | 2013-04-11 23:37
<< キーマカレーと不思議な夜 財務省 >>