オランダ暮らし満30年、やっぱり翻訳つづけてます!
by orandanikki
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
お気に入りブログ
メモ帳
リンクフリーです。
記事・画像の無断転載はお断りします。

メールはお気軽に
sakiamsterdam@gmail.comまで。
ハリネズミの感想もうれしいです!

以前のオランダ日記はこちら。
ライフログ
おじいさんに聞いた話
ファビアンのふしぎなおまつり
最新の記事
小林聡美さんの書評
at 2017-11-18 20:17
2017年11月14日
at 2017-11-15 03:53
2017年11月13日
at 2017-11-14 04:29
2017年11月12日
at 2017-11-13 03:55
2017年11月11日
at 2017-11-12 04:30
外部リンク


小林聡美さんの書評

11月14日の毎日新聞に小林聡美さんがチェーホフの『新訳 チェーホフ短編集』(沼野充義訳・集英社)とともに『おじいさんに聞いた話』について書いてくださった。
こちらより

〈かもめ食堂〉や〈パンとスープとネコ日和〉を何度も見て、ほっこりさせてもらっていたので、とても嬉しい。

〈桜の園〉を演じることになり、チェーホフの魅力を知ったという小林さん。

チェーホフはテレヘンさんが大好きな作家でもある。


いろんな人たちが時空を超え、物語でつながっているのがおもしろく、その中に自分もいさせてもらえるのが嬉しい。


〈桜の園〉を演じることになり、ロシアに想いをはせる小林さん。

チェーホフが大好きでロシアに縁のあるテレヘンさん。

〈かもめ食堂〉の世界が大好きで、オランダで翻訳しているわたし。


各々がひとつの物語で、ぜんぶを合わせた物語もあるような……


わたしの頭のなかで、〈かもめ食堂〉と『おじいさんに聞いた話』がつながって、なんだかワクワクしてしまった。


小林さん、ありがとうございました!



[PR]
# by orandanikki | 2017-11-18 20:17

2017年11月14日

f0275876_03542770.jpeg


先週の金曜日の写真。

この数日で葉っぱはほとんど散ってしまった。



今日は久しぶりに大学のキャンパス内のほうのジムに行ってみた。


仲良しのおばさんにも会えて近況報告。


翻訳もあと33ページ! と知らせる。

彼女も読んでいて、背景もよく知っているので、質問させてもらうことになっている。


いろいろ助けてくれる人がまわりにいてくれてありがたい。



Stiff Legged Dumbbell Deadlifts というのをやっていたら、話したことのない若いトレーナー(おばちゃんから見たらかわいい坊やみたい)がやってきて、小声でなにか言った。


聞こえなかったのだが、なぜか一瞬、しずかに「すごい醜いね」と言われた気がしたのは、自分の自信のなさから来てるにちがいない。


実際には「姿勢に気をつけて」と言ってるのだった。

背中を軽くそらさないといけないのに、丸くなってる、筋肉痛めやすいから気をつけて、と注意してくれたのだった。


自分でもこれでいいのか気になって、何度かトレーナーに聞いてチェックしていたのだが、バッチリだよ、と言われていた。


いつもすばらしいメニューを考えてくれるので、絶大なる信頼を寄せているが、たまには他のトレーナーの意見が合ってることもあるだろう。


笑顔のかわいい男の子トレーナー。

ちゃんと見ていてくれて、好感がもてた。




終わってからロッカールームに行き、2人の女性に「ハロー」と言ったのだが、無視。


昔、小学校の同じクラスのお母さんがすれちがっても無視が当たり前で驚いたけど、いまはふつう、こんなもんだよね、と思う。


だからこそ、あとでとなりに来た人が「ハロー」と言ってくれたのが嬉しかった。


入ってくる前に「じゃあ、あとで」という声が聞こえたので、きっとボーイフレンドと来ているのだろう。


こんな感じのいい子だから、ボーイフレンドもいるんだよね、とおばちゃんは思う。


わたしが出るとき、「じゃあ、よい夜を!」と声をかけて「あなたも!」「ありがとう!」と言葉を交わした。


これだけでとても気持ちがよかった。


笑顔とあいさつを出し惜しみするなんて、勿体なさすぎる!



晩ごはんはーー


f0275876_04153188.jpeg


家にあるものでカンタンパスタ。(ツナ缶入り)

おなかペコペコだったので、先にいただきました。



[PR]
# by orandanikki | 2017-11-15 03:53

2017年11月13日

f0275876_04332104.jpeg


めずらしく家でケーキ。

(ちょっとひとくぎりのお祝い的に。)


Chipolataという、ソーセージと同じ名前のケーキ。

クリームいっぱいでもたれるかと思ったが、軽くてペロリと食べられた。


きのうのキヌアサラダもそうだし、きっと胃の調子がよくなっているから、なんでもおいしく食べられるのだろう。


晩ごはんは若者がいなくなったので、残り物と冷蔵庫にあるもので。


f0275876_04410995.jpeg


ダイコンがとてもおいしくできた。


アルバートハインのgerookte spekreepjes(燻製ベーコン)2パックつながって250gの1つだけ(125g)をよく炒める。

そこにダイコンを入れていっしょに炒める。(今日は残っていたダイコンが15センチくらいだった)

水をひたひたに入れ、日本酒、砂糖、しょうゆを入れる。ベーコンがしょっぱいので、しょうゆはひかえめに。

落としぶたをして、30分ほど煮る。

これでなつかしい豚バラダイコンみたいになった。

煮たベーコンもプリッとしていて、食べずにダシにするつもりだったのに、汁とともにぜんぶ食べてしまうおいしさだった。

そうじをしていてベランダを開け、外の寒い空気を感じたとき、ふとこの料理を思いついたのだ。

大満足でした。


あとは鍋の残りの味噌汁うどんの残りを使った味噌おじや(きのうのうどんがちょろっと入っていた)。

生しいたけの香りがよくて、こちらもおいしかった。




ケーキを買って帰ってきたら、真上の住人、マヨラインがベビーカーで上に上がるところだった。


姪御さんの女の子の赤ちゃんがスヤスヤ眠っていて、マヨラインの笑顔が輝いていた。


自分は離婚していて子どもがおらず、うちの息子にもあまりやさしい感じではなかったのに、お姉さんが亡くなり、姪っ子のお母さん役としておばあちゃんデビュー。


子どもがいるからといって、誰でもおばあちゃんになれる保証はないし、子どもがいなくてもこうしておばあちゃんのような存在になれることもある、というのがおもしろい。


1人暮らしをエンジョイしていたころよりもいまの彼女のほうがずっと親しみがもてて、会うたびに(よかったね!) と思う。















[PR]
# by orandanikki | 2017-11-14 04:29

2017年11月12日

f0275876_03563790.jpeg

Le Pain Quotidienでランチ。


f0275876_03590566.jpeg


キヌアサラダ、おいしかった!

こんなにたくさんキヌア食べれないよ〜、と思ったけれど、軽くて完食。

付け合わせのパンもとてもおいしくて、大満足のランチだった。

広い店内、子供づれも多く、ごった返していたが、働いている女の子たちも感じがよくてきちんとしていて、気持ちがよかった。


アルバートハインで買い物をしてからアムステルフェーンへ。


バイエンコルフでプレゼントを探していたら……



「リルヤ!」



ひさしぶりのリルヤ。


ボスニア出身のリルヤとお互い忙しくてなかなか会えないのだが、お茶をごちそうしてもらってちょっとだけ近況報告。



写真を載せてもいいとのことでーー


f0275876_04061326.jpeg



仕事が忙しいけれど元気。


夫ともうまくいっていて、子どもたちもがんばっている。


お互いそんな感じなのだが、戦争を逃れてきた、というのが決定的に違うところ。



息子どうしが小学校の同級生なのだが、そういえばはじめて彼女を見たのはアムステルフェーンのマクドナルドだった。


1人で息子を連れてきて、新聞を読んでいる笑顔のステキなお母さん、という印象で、仲良くなりたい! と思ったーーそんな話を今日した。



よいタイミングで会えて嬉しかった。


またゆっくりおしゃべりできますように。







[PR]
# by orandanikki | 2017-11-13 03:55

2017年11月11日

f0275876_04312491.jpeg


4人で鍋をつついていたら、ピンポ〜ン。



かわいいお客さま。





f0275876_04332432.jpeg



シントマールテンなんて忘れてた!


となりのトルコ人親子がかわいかったので、日本のブログにのせてもいい? と写真を撮らせてもらった。


夫とわたしがてきとうなお菓子を見つけられずにまごまごしてると、息子が自分のお菓子をもってきてくれた。


「来年はちゃんと用意しておくね!」と約束。


ボラくんはまだあんまり心を開いてくれないし、オランダ語もほとんどできないので、固まっていた。


お父さんががんばって1人でオランダ語で歌っていた。


このお父さんは、いつもすれ違いにならないように、ちょっと待ってでもあいさつしてくれるのがとても好印象。

(下のロシア人の奥さんは下の入口のドアを開けて待っていてあげても、あいさつができないような人でげんなり。)



今日はめずらしくこのあと、ほんとに小さなかわいいオランダ人きょうだいもお母さんと来た。(この辺りは子どもが少なく、シントマールテンは盛んでないのだ。息子もいつもヴィクトーのところでやっていたっけ。)


息子が彼女に「すごい小さくてかわいかった!」と話していたくらい。



息子が昔はこんな年齢だったのに、もう子どもがいてももいいような年齢になっている!


これではわたしたちが年をとるはずだ。






この週末は彼女が3連泊している。


和食が大好きな彼女のために心をこめておいしいものを。

(きのうはハーリングをごはんと海苔で食べた。)


お鍋も満喫してくれて、「おいしかったです!」と日本語で言ってくれた。


いまはお客さんよりも、彼女中心。

野菜嫌いのお母さんに代わって体にいいものを食べさせて、我が家でホッとしてもらいたい。


いつか2人がいっしょに暮らしはじめたら、またいくらでもお客さんに来てもらおう。

[PR]
# by orandanikki | 2017-11-12 04:30

2017年11月9日

f0275876_04210966.jpeg


今日は24回目の結婚記念日。

ぐるっと干支を2周りしたんだ。


何度も書いたとおり、結婚の4年前、ベルリンの壁が崩壊しているときに、ライツェ広場のバーガーキングで出会ったのだ。


今日はバーガーキングには行けなかったので、家でお祝い。


f0275876_04260902.jpeg


息子が買ってきてくれたラム肉とリブアイ。

いままでで最高に柔らかかった。


「ステーキ、すて〜き(素敵)だね」と子どもの頃のようなダジャレを言う息子。


温かな時間を3人それぞれしっかりと感じていたはず。




昼間、母と長電話。

人生の締めくくりの計画を聞かせてくれた。


「そんなことしたらきっとバカにされるんだと思うんだけど、それでいいと思うの」という言葉が印象に残った。


わたしも同じ気持ち。


バカみたい、と思われてもそれでいい。


いっしょうけんめい生きていることを自分でわかっていて、通じ合う人たちが少しいれば、とても豊か。


f0275876_04362379.jpeg


どうか来年もこんな日が過ごせますように。




昨年の今日はユーケスさんのお葬式だった。


ユーケスさんもお父さんのように温かかったな。


娘さんと、いろいろ落ち着いたら会おうと約束した。




[PR]
# by orandanikki | 2017-11-10 04:20

2017年11月7日

f0275876_05125020.jpeg


今日は問題が1つ解決した。

これで〈あれこれタイヘンなこと〉がごそっと半分に減った。

友だちに教えてもらい、専門家と話して、安心して眠れないくらいの問題が実は大きな問題ではなかったことがわかった。

あ〜よかった!


行きも帰りもサイレンスカーに座れたので、快適だった。



田舎の駅のトイレ。

使い方がよくわからず、強烈な汚さだった。


鍵がかかってるつもりでいたら、ガラッと開けられてビックリ。(ボタンを押すタイプの鍵)


ちょうど水を流すボタンを探してるところだったのだが、「見つからなくてごめんなさい!」と次のおじさんに言って出てきた。


もう流してないのが恥ずかしいとか通り越して、悪夢のように汚いトイレだった。


そんなことも新鮮で楽しい。


f0275876_05241911.jpeg



ひさしぶりの遠出、気分転換にもなった。

[PR]
# by orandanikki | 2017-11-08 05:12

2017年11月6日②

息子と彼女が晩ごはんを作ってくれたのが嬉しかったので、今日2回目の日記。


f0275876_03502909.jpeg


アーリオオーリオペペロンチーノ。


夫とおいしくいただいたのだが、2人は次回どうすればもっとおいしくできるか、真剣に話し合っていた。


晩ごはんの前にガス台のホースが古すぎるからと、買いにいって交換もしてくれた。


いったんガスの元栓をしめると、安全装置がはたらいて、ふたたび開けてもすぐには使えない、ということを知らず、焦っていたが……


スーパーで晩ごはんの材料を買ってきたら、ちゃんと使えたそう(ネットには15分から1時間かかる、とあった)。


母は翻訳、明日出かけて訳せない分まで終えたので、さんぽに行かせてもらった。



晩ごはんを作りながら、「これでガスの繋ぎ方もわかったね」と息子が彼女に言っていた。


2人はいま、将来の練習をしてるのだな……


あたりまえのことだけれど、ちょっぴり感慨深い夜でした。




f0275876_04140690.jpeg


昼間、光る路がキレイだったので。








[PR]
# by orandanikki | 2017-11-07 03:47

2017年11月6日

f0275876_17395075.jpeg


めずらしくよく眠れて早起きできたら

朝焼けの雲が見れた。



f0275876_17413188.jpeg


昨夜はオーガニックの牛ミンチだけ別に甘辛く炒めて、オーガニックの豆腐と麻婆豆腐風。


いつも夫においしいものを作ってもらってばかりの反省をこめて、地味に。



まだあれこれタイヘン続行中だが、今週は対処できることは行動を起こして対処。


翻訳はあと50ページ。

たいせつに訳そう。







[PR]
# by orandanikki | 2017-11-06 17:38

2017年11月2日

もう11月!


色々とタイヘンなのだが、とりあえず翻訳は予定どおり、あと60ページを切った。


ひさしぶりにテレヘンさんを離れて、訳したかった本が訳せている。


それも、ハリネズミによってオランダ文学の翻訳者として知ってもらえたからこそ、声をかけていただけたのだ。



この間、テレヘンさんといっしょにランチに呼んでいただいた。


慣れない和食でお箸にトライしていたテレヘンさん。


コースの中のお刺身は今日は(生魚は)やめておく、とのことだったので、テレヘンさんの分だけ天ぷらに替えていただいた。


気にして、横から見ていたら、大根おろしと格闘している。


何度もやって、やっと掴めた大根おろしを天つゆにつけーー


(まさかね)と思っていたら、注意する間もなく次の瞬間、パクッ。


大根おろしを食べてしまった。(溶けるまでに口まで運ぶのは難易度高いと思うのだが、見事に成功。)


「それはつゆに溶かすものだよ。辛くなかった?!」とビックリして言ったのだが、辛くはなかったそう。


ウェイトレスさんの説明、早すぎて、なにがなんだかわからなかったのだろう。


テレヘンさんがますます愛おしくなった瞬間だった。

思い出してはほっこりさせてもらっている。



テレヘンさんも和食をとても喜んでくださった。


おいしくて楽しい時間をありがとうございました!


f0275876_05331878.jpeg


今日の夕方の空。

真ん中の丸い雲が気に入って。


色々タイヘンなこと続行中だが、がんばらなくては。















[PR]
# by orandanikki | 2017-11-03 05:03